現実化したければ瞑想+筋トレをしろ!

トレーニング

集客したければ筋トレをしろ!

自分は筋トレをして体を強化し始めると、アカシックリーディングの予約が入ってきます。

・・・なぜ?

筋トレをすることで、肉体が強化され、現実化のエネルギーがUPします!霊的なエネルギーが肉体で、この地球上で発揮されるようになります。

アカシックに繋がるには、高次元に繋がる瞑想も大事ですが、やはり地球上に生きている私たちは肉体という基地で生活しています。

リーディングの予約をされる方は、その地球基地と言える肉体のエネルギーを(知らず知らずのうちに)感じ取って、オーダーをされるのだと思います。

本日は「集客したければ筋トレをしろ!」です。

 

意識がフワフワしているスピリチュアルは危険

天使
スピリチュアル的なエネルギーばかりに意識がいって、気がついたら自分の身体を疎かにしている人って非常多いです。

自分もかつてその一人でした。今でも気を抜くと、上に意識が抜けてしまう事もあります。

特にスピリチュアルに傾倒してる人は体への意識が薄い人が多いです。体のケアを疎かにしがちです。

フワフワと意識が身体から抜けてしまっている人は、少しのことで揺らいでしまい現実世界での自己実現能力が低くなります。

いわゆるグラウンディングできていないという状況です。

つまり自分の体を強化すれば、現実化のパワーが強くなります!

 

スクワットと筋トレ、たったこれだけ!

腹筋
これは運動をすることです。

中でも筋トレがオススメです。

自分の体を強化することでブレなくなります。人の意見に左右されなくなります。

スクワットと腹筋をオススメします。

  • スクワット・・・30回
  • 腹筋・・・30回

目標は50回として継続するといいでしょう。

余裕があれば、ランニングや縄跳びもオススメです。

 

現実的な肉体と霊的な魂との調和が超重要!

瞑想
結局、肉体と魂のバランスが大事なのです。

肉体と魂が調和されて初めて、この地球で存在できる大きなパワーを発揮できます。

霊的なパワーだけでも、かといって肉体的なパワーだけでいいというわけではなく、その両方が必要となってきます。

その調和がとれて、自分のパワーを発揮できます。

魂だけの存在でもなく、肉体だけの存在だけでもなく、その二つが調和しての「人間存在」です。

スピリチュアルな人は、瞑想や呼吸法に加え、特に自分の体をケアし強化することが大事になってきます。

この体があっての人生です。

魂だけだったら、死んでいます!

というわけで、まずはスクワット30回〜50回、腹筋30回〜50回を毎日していれば自分の体にパワーが宿ることを時間できるでしょう!

 

アカシックレコードリーディングVayuは、東京都内、神奈川県に加え、遠隔セッションでアカシックレコードリーディングセッションを行なっております。

 

セッションのご案内セッション詳細へ    ご予約   ご予約ページへ

 

 

TOPへTOP プロフィールへごあいさつ・ビジョン アカシックレコードとはメニュー・料金など お客様のご感想アカシックリーディングセッション セッションのご案内アカシックリーディング ご予約ご予約ページへ お問い合わせお問い合わせページへ

 

関連記事

  1. アカシックリーダー

    他人に人生の操縦を任せちゃダメ。WEB番組メッチャソンPar…

  2. リラックス瞑想会

    アイデアもりもりリラックス瞑想会レポート

  3. 朝日

    【アカシックお客様の感想より】目的も使命もない、自由なら何を…

  4. ジャンプ展

    アカシックレコードで読む未来とジャンプ展

  5. ワークショップ告知

    瞑想ワークショップ報告&次回告知!

  6. ワールドカップ

    ワールドカップ日本代表と日本の集合意識

  7. アカシックリーダーメッチャソン

    アカシックリーダーとインドの旅の記録

  8. レインボー

    その『ちゃんと』は 本当にあなたのもの??

  9. メッチャソン

    アカシックレコードの意味とは? WEB番組「メッチャソン」P…

  10. アカシック性格

    あなたはなぜ内気な性格なのか?をアカシックで読む。

  11. 貴船神社

    『未来』を恐れない為の時間の捉え方。アカシックレコードリーデ…

  12. 朝日瞑想

    この現代だからこそ、瞑想で自分を取り戻す。

  13. 瞑想会和室

    意識が場を作り、世界を作る。〜瞑想会を終えて〜

  14. 柿谷 英樹

    『スピリチュアル』っていう言葉は使いたくない。WEB番組メッ…

  15. 聞いて見つめる

    自分を聞いて、自分を見る