BLOG

日常をクリアにするブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. アカシックレコードリーディング
  4. 多様性なんかじゃなく、固有性の時代

多様性なんかじゃなく、固有性の時代

「もっと多様性を認めよ!」

「多様性にあふれた世の中!」のように世界は多様性というワードが出てきます。

アカシックリーディング・スピリチュアルな視点では
「多様」なのではなく、「固有」なのです。唯一です。

何にも分類されない、他の誰とも全く異なるユニークな唯一な存在なのです。

その固有な個性が集結して彩っているのが、この世界なのです。

比べることの無意味さ

瞑想アカシックリーディング

簡単に地獄の気分を味わう方法は、

「自分と他人を比較する」 ことです。

自分も他人も固有の独立したユニークな存在なので別に競っていません。

比べる必要もないのです。

もし比べても、その比べる部分は人のほんの一部分しか見ていない。

人間は多面的という言葉では収まらないくらい、無限の要素があるので人と比較するってことは、

自分も他人もほんの一部分でしか判断していない、人間存在の奥深さ・つまり全体性も否定することになります。

全くの無意味です。

 

カテゴライズも無意味

アカシックリーディング東京Vayu

そもそも、真に自分の人生を生きるようになると、これからの世の中はカテゴライズ自体がほとんど意味を持たなくなると思います。

自分を何かに当てはめる必要がなくなるのです。

 

固有なユニークな存在であることは当たり前

アカシックリーディング朝焼け

ユニークな存在であることは当たり前です。

似ている考えや要素はあっても「そもそも人って同じ考えのはずがないじゃん」です。

そうすると、意見や思想の異なる相手に対して許容できるようになります。

 

周りの意見も「なるほど〜その人はそう考えるけど、自分はこう考えるな〜」が当たり前になります。

自分の選択や考えを責めなくなります。

それは、自分を尊重していると同時に他者も尊重しているのです。

もっというと、人間の人生を尊重しているとも言えると言えます。

 

 

 

 

関連記事